お花の豆知識

お祝い編


■結婚祝い

式当日は花がたくさん溢れているので、挙式を控えた花嫁の家に日の良い日を選んで贈ったり、新婚旅行から戻ったころに新居へ贈るのもいいでしょう。
花嫁が持つと幸せを招くといわれている「サムシング・ブルー」を取り入れて、青い花を加えてみてはいかがでしょうか。
花嫁のお友達がブーケをプレゼントされることもあります。その際は、好みやドレスのタイプ、会場の雰囲気などをよく聞いてから選びましょう。

■結婚記念日

もともとは欧米から伝えられたもの。銀婚式・金婚式は人生の節目として盛大にお祝いすることが多いようです。
お二人の思い出のお花で、記念日を演出するのも素敵です。
日ごろの感謝の気持ちを込めて、だんな様から奥様へ花束をプレゼントされてはいかがですか?

年数 名称( )内は別称 記念日にちなんだプレゼントの例
1年目 紙婚式 本・アルバム・絵
2年目 綿(わら)婚式 エプロン・シャツ・ブラウス
3年目 革婚式 ベルト・バック・財布
5年目 木婚式 木の置物・宝石箱
7年目 花婚式 花・花柄の食器
10年目 錫婚式 アクセサリー・酒器
12年目 リネン婚式 シャツ・ブラウス・テーブルクロス
15年目 銅(水晶)婚式 銅製品・アクセサリー
20年目 陶磁器婚式 陶磁器
25年目 銀婚式 銀のアクセサリー・銀器類
30年目 真珠婚式 アクセサリー
35年目 翡翠(珊瑚)婚式 アクセサリー・印鑑
40年目 ルビー婚式 アクセサリー
45年目 サファイア婚式 アクセサリー
50年目 金婚式 アクセサリー・時計
75年目 ダイヤモンド婚式 アクセサリー

※名称や年数は、国や地方によっても変わります。

■長寿祝い

十干十二支が60年で一巡して生まれ年と同じ干支に還ることから、かぞえ年61歳を還暦として祝うことから始まり、節目となる年齢を迎えたときに長寿を祝います。
長寿祝いは、9月15日の敬老の日だけでなくお誕生日にもお祝いしましょう。

 

年齢 60齢 70齢 77齢 80齢 88齢 90齢 99齢 100齢 108齢 111齢
長寿名称 還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿 上寿 茶寿 皇寿

■出産祝い

出産のお祝いは、同時にお見舞いであることも忘れずに。強い香りや色のお花を避け、小ぶりでかわいらしい花束やアレンジを、ベビー用品などのお祝いに添えて贈りましょう。

■新築・開店祝い

赤い花は火災を連想させるということで、避けたほうが良いとの説もありますが、あまり気にしなくてもよいでしょう。
バラや蘭などのアレンジメントは豪華で、どんなお祝い事にもオールマイティーです。
観葉植物などの鉢物を贈る場合は、先方に希望を聞いてからのうほうがよいでしょう。

お見舞い編

■病気見舞い 入院直後や手術の前後を避け、病状が落ち着いたころに見舞いましょう。
黄色やオレンジなどのビタミンカラーが元気がでる色として向いています。
花瓶のいらないアレンジメントは、手間がかからないので喜ばれます。
香りの強い花、花粉や花びらが散りやすい花はできるだけ避け、大きさにも配慮して贈りましょう。
また、下記のような花は、お見舞いにはタブーとされています。

  • 「根付く=寝付く」の語呂合わせから、鉢植えのもの。
  • 語呂合わせで「死」「苦」につながるシクラメンやクチナシ。
  • 血を思わせる真紅の花や、葬式をイメージさせる白一色の花。
  • 椿などの花首が落ちる花も縁起が悪いので避ける。
  • 切り花は、4、9、13本にならないように気をつける。

お悔やみ編

■弔事 供花は、故人と特に親しかった人が贈る枕花、生花スタンド、生花籠花などがあります。 お通夜・お葬式の日時や場所、喪主のお名前等を問い合せ、供花を贈りたいことを伝えてください。 事情によって、先方が辞退される場合もあるかもしれません。 ■法事 ● 初七日・三十五日・四十九日 一般的に四十九日までは、白を中心としたお花を贈ります。 ● 年忌法要 命日から一年に一周忌、翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌十三回忌十七回忌二十三回忌二十七回忌三十三回忌までを行うのが一般的です。 悲しみに満ちた葬儀とは異なり、故人を偲ぶ日なので、故人が好きだった花や明るい花を取り入れて、籠花やアレンジメントを贈りましょう。

フローリストかわさき店内
フローリストかわさき